仙台長命ケ丘の眼科クリニック

宮城県仙台市泉区長命ケ丘2丁目21-1

ブランチ仙台ウエスト2F

tel.022-725-4801

MENU

お知らせ Information

定期的な眼科検診で目の健康を守りましょう

健康診断の1つとして、眼科で眼底写真を撮影していても、目の病気はなかなか見つけられません。白内障や撮影の条件などで、無散瞳(通常の瞳の大きさ)で眼底を撮影しても、必要な情報が映らないことがあるからです。

また、40歳をすぎると緑内障の有病率(緑内障と診断される人の割合)が高くなってきますが、初期の段階では「目がかすむ」「ちょっと見えにくい」程度なため、なかなか診察を受けるまでに至らないことが多いようです。

異常を自覚してからの治療では、回復に限界があることが多いので、異常を自覚する前に目の病気を見付けること、発症するリスクを減らすことがポイントになってきます。
できるだけ何も自覚のないうちに、大切な目の定期検診を受ける習慣をつけましょう。

放置すると危険なコンタクトによる目の違和感

「目が痛い」「目が乾く」「充血している」「ゴロゴロする」「チクチクする」などの症状はありませんか?
コンタクトレンズの度数の変化や、コンタクトレンズのカーブが適切でなかったり、コンタクトレンズ自体にキズや変形などが生じていたり、汚れが付着していることもあります。
コンタクトレンズを利用している方は、定期的な診察を受けチェックしましょう。診察を受ける際は、普段のコンタクトレンズの使用状況や装用感、気になることなど、遠慮なくお伝えください。より良いコンタクトレンズのご提案やケア方法など、アドバイスさせて頂きます。
目に異常を感じていない場合であっても、定期的な検査を受けることで目の障害が発見される場合があります。体の健康診断と同様に目も大切にしていきましょう。